ご相談フォームサイトマップ | 文字サイズ
トップページ > 葬儀後のご相談 > 葬儀後の法要

葬儀後の法要

葬儀後のご相談 一覧へ

仏式

仏式の場合、亡くなった日も含めて7日目ごとに(1日に亡くなった場合は7日)法要をおこないます。また、年忌法要では、一周忌の後は、満2年目が三回忌、満6年目が七回忌というように亡くなった年も入れて数えます。

■仏式の忌日表

法要名 日の数え方
初七日(しょなぬか) 死後7日目 (死亡日も含む)
二七日(ふたなぬか) 死後14日目
三七日(みなぬか) 死後21日目
四七日(よなぬか) 死後28日目
五七日(いつなぬか) ※三十五日 死後35日目
六七日(むなぬか) 死後42日目
七七日(なななぬか)※四十九日 死後49日目
百か日(ひゃかにち)※卒哭忌 死後100日目

初七日は、近年では葬儀当日の遺骨迎えの法要と合わせておこなうことが多くなりました。七七日(四十九日)は、「満中陰」と言い、忌日のなかでも特に重要な日とされています。この日を過ぎれば忌明けとなります。近親者や知人、友人を招いて、僧侶に読経してもらい、やや大がかりに法要を営みます。宗派によっては五七日を忌明けとするところもあります。

■仏式の年忌表

法要名 日の数え方
一周忌(いっしゅうき) ※祥月命日
満1年目
三回忌(さんかいき)
満2年目
七回忌(ななかいき)
満6年目
十三回忌 (じゅうさんかいき)
満12年目
十七回忌 (じゅうななかいき)
満16年目
二十三回忌 (にじゅうさんかいき) 満22年目
三十三回忌 (さんじゅうさんかいき) 満32年目
五十回忌 (ごじゅうかいき) 満49年目
百回忌(ひゃくかいき) 満99年目

▲ページ上へ

神式

神式では、仏式の法要にあたるものを「霊祭」と呼び、年忌法要にあたる霊祭を「式年祭」と言います。主な霊祭では、神官を招いて、墓前で祭祀をおこなった後は、仏式のお斎と同様に出席者に酒食のもてなしをします。

■神式の忌日表

霊祭名 日の数え方
翌日祭 葬儀の翌日
十日祭 死後10日目
二十日祭 死後20日目
三十日祭 死後30日目
四十日祭 死後40日目
五十日祭 死後50日目
百日祭 死後100日目

五十日祭は、仏式の四十九日と同じく重要で、この日が忌明けとなります。五十日祭には、墓前に親族、知人などを集め、神官を呼んで献饌や祝詞奏上、玉串奉奠などの神事をおこないます。五十日祭の翌日は、葬儀の際に神棚や御霊舎に貼った白紙をはがす「清祓(きよはらい)の儀」をおこない、遺族は普通の生活に戻ります。また、清祓の儀の後の適当な日を選んで、「合祀祭(ごうしさい)」をおこないます。「合祀祭」とは、故人の霊璽(仏式で位牌にあたるもの)を御霊舎に移し、祖先の霊と一緒に祀ることです。近年では、五十日祭の日に「清祓の儀」と「合祀祭」を合わせておこなうことが多くなっています。

■神式の年忌表

霊祭名 日の数え方
一年祭 死後1年目
二年祭 死後2年目
三年祭 死後3年目
五年祭 死後5年目
十年祭 死後10年目
二十年祭 死後20年目
三十年祭 死後30年目
四十年祭 死後40年目
五十年祭 死後50年目
百年祭 死後100年目

▲ページ上へ

キリスト教式

仏式での法要にあたるものを、キリスト教のカトリックでは「追悼ミサ」、プロテスタントでは「記念集会」と言います。忌日や年忌は、仏式や神式のように細かく決められていませんが、日本独自の形式で仏式や神式にならっておこなわれることもあります。

■カトリック(追悼ミサ)

特に決まりはありませんが、ふつう死後3日目、7日目、30日目などを機に、追悼ミサが営まれます。日本では、仏式の法要にあわせて、初七日忌や三十五日忌、四十九日忌、祥月命日などに、近親者や知人、友人を招いて、教会堂での追悼ミサをおこなうこともできます。

年ごとの追悼ミサも特別な決まりはなく、仏式にならって三回忌をおこなったり、10年目などの区切りのよい年に盛大に営むこともあります。当日は、神父に依頼して、教会堂でミサをおこなってもらい、その後、出席者を招き、教会内の一室か自宅で故人を偲ぶための茶話会を開きます。また、カトリックでは、仏教のお彼岸にあたるのが毎年11月2日におこなわれる特別ミサで、「万霊節(オールソールズデー)」と言います。

教会によっては、この日や翌日の文化の日に共同墓参りをおこなうことがあります。家族は、前日までに墓掃除を済ませ、当日は生花などを持参して墓参りをしましょう。
なお、8月15日は「聖母の被昇天」の日とされていますので、仏教の旧盆に合わせて墓参りなどをすることもあるようです。

■プロテスタント(記念集会)

特に定められた決まりはなく、死後1週間目、1カ月目、半年目、1年目、3年目、5年目など、遺族の希望に応じて適宜、記念集会の式典をおこないます。

当日は牧師を招いて自宅か教会堂でおこないます。教会堂でおこなう場合は、教会の伝道集会と兼ねた形でおこなうこともあります。また、自宅でおこなう場合は、小さな祭壇を設け、故人の遺影や花を飾ります。

いずれの場合も、式典の後はお茶や会食の席を設け、出席者をもてなします。

▲ページ上へ

[お電話]お急ぎの場合のご連絡:フリーダイヤル 0120-0783-01

URLをケータイに送信
(http://sougi-no-soudan.com/mobile/)

@

個人情報に対する当センターの取り組み